大阪のリサイクルショップに関するお話

電子書籍として自費出版を行うとまずコストがかかりません。
例えばテキストだけ用意出来ていれば、表紙や裏表紙などは外注で依頼可能です。


プロに依頼すると、さすがにお金がかかりますが、クラウド系のお仕事サイトなどに外注すれば問題無しです。

テキストと表紙裏表紙を電子書籍化出来ないのであれば、こちらも請け負う業者に依頼すれば少額で完成です。

つまり、電子書籍の自費出版は、ウェブやITの知識が無くても出版出来てなおかつ低コストと言えるのです。

販売する場所を大手の通販サイトにすれば、それだけで多くのネットユーザーの目にとまる事となります。もちろん大手通販サイトに自費出版の電子書籍をアップロードしても、場所代は取られません。

信頼性の高い大阪のリサイクルショップの情報が沢山詰まったサイトです。

個人で無料のブログやホームページを開設し、こちらでも自費出版本を宣伝しておけば十分です。

評判が高い古本の買取に関する情報が幅広く集まります。

出版して一気に大きな印税を獲得したい場合、宣伝にお金をかける必要があります。



しかし、ネットであれば無料でもここまで出来ます。

要はネットユーザーは絶対数が多い為、自費出版本の宣伝・周知についてもメリットがあるのです。


インターネットであれば、めでたく出版した電子書籍が上の方の人の目にとまる可能性も無いとは言えません。大手の出版社からのオファー、ビジネスの申し出などの可能性もあり得ます。

印税プラスアルファのメリットも多い為、次に繋げたい場合にも有効な手段と言えます。
趣味としても、ビジネスとしても、ビジネスの下地としても電子書籍は有効です。

電子書籍を読む人は増えていますが、書く人、出版する人はまだまだです。

よって早目に出版する事で先行者としてのメリットも獲得可能です。
本を出版したいとお考えの方は、メリットの多い電子書籍なんていかがでしょうか。